ベト病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないためのベト病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

ベト病の対策、予防について

ベト病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

べと病(露菌病)は、一般的には葉に不規則な斑紋ができ、 次第に大きくなって、葉が汚れたようになります。

また、病斑が葉脈で区切られていたり、 葉脈に沿うようにして現れることも特徴の一つです。

バラは、斑紋ができた葉が乾燥して縮れたようになり落葉します。 ホウレンソウなどの野菜は、株の下方から発病し、徐々に上方に広がることが多いようです。 アブラナ科の野菜は、斑紋ができた葉の裏側に、 白色から灰緑色・黒紫色などをしたカビを生じ、のちに黒ずんだ不正形斑紋となります。

発生しやすい時期は、3〜7月・9〜10月。やや低温で雨が多い春先や秋に多発します。

ちなみに、症状が悪化すると、病斑部分が腐ってべとべとになるので、この病名があるようです。

対処法)

病気にかかった葉は被害部分を全て除去し処分し、 薬剤(ダイセン・ダイファー・マンネブダイセンなど)を散布します。

バラの場合は、発生時期に合わせて1週間おきに2〜3回薬剤 (Mダイファー・ダイセンステンレスなど)を散布しましょう。

予防策)

土の水はけを改善する、通風を改善する、株元を清潔に保つ、 株に水をかけない、十分な日照を確保する、窒素過多を避ける、密植を避けるなどです。

また、野菜は耐病性品種を栽培し、一度にたくさんの果実を成らせないように注意しましょう。 樹木類は、冬季に石灰硫黄合剤を散布することも効果的です。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A