枝枯病(えだがれびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための枝枯病(えだがれびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

枝枯病の対策、予防について

枝枯病(えだがれびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

若い枝や梢の一部、あるいは古枝に褐色のややへこんだ病斑が生じ、 それが枝を一周すると、枝全体に拡大してそこより先の枝葉がすべて枯死してしまいます。

病斑上には小さな黒い隆起した粒を多数生じ、多湿時には、そこから灰色の粘質物が伸びます。 病斑上に縦方向の亀裂を生じることもあります。

糸状菌(カビの一種 ボトリオスファエリア属Botryosphaeriaceae)を原因とし黒い粒から胞子をとばして雨水や昆虫の体に付着、 剪定の傷口、接ぎ木の接ぎ目、凍霜の傷口などから侵入し発病します。 黒い粒のまま越冬することもあり、翌春の伝染源となります。 5〜10月に多く見られ、雨が多いと発生しやすくなります。

アスナロ(ヒバ)、マツ類、ウメ、クワ、スギ、などの庭木、 ハナズオウなどの花木、ナシ、モモ、などの果樹、バラ類も被害を受けます。

対処法)

病枝梢が唯一の伝染源となるので、病気にかかった枝は、 見つけ次第切り取って焼却処分してください。

できれば切り取った箇所には薬剤を塗布してください。 発病部分を削り取った器具は消毒するまで再利用は避けてください。

予防策)

冬期には翌春の伝染源を絶つために枯れ枝を残らず除去して焼却処分してください。 このとき、葉がしげり過ぎて日当たりが悪くなる部分に発病しやすいので、 混み合った枝も剪定し、通風、日照をよくします。

また、株を無用に傷つけないこと、傷口は乾くまで濡らさないこと、 株に水をかけないなども基本的な予防策です。

冬の落葉期には希釈した石灰硫黄合剤を枝に散布(葉にはかけない)したり、 新梢が伸びる頃は降雨前後を重点的にベンレート水和剤などを定期的に散布して予防するとよいでしょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A