疫病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための疫病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

疫病の対策、予防について

疫病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

疫病は植物全般にかかりやすい病気です。 特にトマトやじゃがいも、ナス、ピーマンなどのナス科の野菜に多く見受けられます。

葉では不整形の水浸状の斑点がしだいに拡大し大型の病斑になり、 湿度が高い場合にはうっすらと白いカビが生え、 湿度が低いと病斑部分が乾燥し、茶褐色になり枯れたようになります。

実では比較的若いもので発生しやすく、 大型で不整形の暗い色の病斑があらわれ、腐敗します。

発生しやすい時期は、4〜10月の気温や夜の湿度が高い時期です。 また、梅雨時や秋の長雨の時期などの比較的低温で、 湿度の高い時期に発生しやすくなりますので十分注意しましょう。

対処法)

被害部分を全て除去し、 薬剤(ダコニール1000、サンボルドー、オーソサイド水和剤など)を使用します。

樹木の場合は、被害部分を深めに削り取り、 薬剤を塗布(カルスメイト、トップジンMペーストなど)してください。

いずれも、病状が進行した株は周りの土とともに処分する必要があります。

予防策)

土の水はけを改善する、できれば雨に当てない、株を冠水させない、 株に水をかけない、水滴が長時間付着したままにしない、 雨で跳ね上がった泥が株に付かないようにする、 鉢底から出た水が他の株に触れないようにする、 連作を避ける、通風を改善する、清潔な水を与える、 株に無用な傷を付けない、被害株に用いた土や器具は消毒するまで再利用しないなどです。

また、雨水の泥はねによる伝染を防ぐために植え付け時の敷きワラなどでマルチングを施すことも有効です。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A