灰星病(はいぼしびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための灰星病(はいぼしびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

灰星病(はいぼしびょう)の対策、予防について

灰星病(はいぼしびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

果実、花、枝などに発生しますが、桃やすももなどの核果類の発生が多いものです。 円形で褐色〜灰褐色・暗褐色などのややへこんだ水浸状病斑ができ、拡大しながら軟化腐敗します。 病斑には、灰褐色のカビを粒状に生じます。

発病部分はやがて干からびますが、除去しない限りいつまでも残ります。 新梢では病斑からヤニが出て、それより上部が枯死することがあります。 また果梗から枝に転移して枝枯れを生じること、まれに花も侵され、 花梗から結果枝に病斑が広がることもあります。

糸状菌(カビの一種、多種に及ぶ)を原因とし、主に4〜10月に発生し、 病原菌は多湿を好むため、果実などでは収穫直前に雨が多いと発生しやすくなります。 前年地表面に落下した被害果上に形成された菌核および菌糸が越冬して一次伝染源となります。 枝の病斑や枯死枝では分生胞子を形成して伝染源となるため、注意が必要です。

アンズ、オウトウ、スモモ、ナシ、ネクタリン、モモ、ユスラウメ、 リンゴ、ダイズなどの被害が多いとされています。

対処法)

地表面に落下した罹病果や樹上で発病した果実が重要な伝染源となるため、除去焼却してください。本病による枝枯れの発生が認められる枝や、ミイラ果が認められる枝には病斑を形成しているので冬期剪定時に除去すること、適宜、薬剤散布をしてください。

予防策)

枯れ枝などを除去し、株を清潔に保つこと、通風の改善、土の水はけの改善は基本事項です。薬剤防除は収穫20日前くらいから予防散布を行うと果実の被害を防止できます。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A