花枯病(はながれびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための花枯病(はながれびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

花枯病の対策、予防について

花枯病(はながれびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

初めは、外側の花弁の先端近くから淡褐色で円形の小斑点ができて次第に拡大し、 不整形で褐色大きな病斑になり、内側に進行していきます。

しかし、ひどくなっても花弁が基部まで枯れることはまれです。 また、大、中輪のキクに発生が多く、小輪のキクにはほとんど発生しません。

灰色カビ病と初期症状が似ていますが、花枯病は花弁の一部だけで、 芯部までは侵さないので区別がつくと思います。

病原菌は、糸状菌(カビ)の一種です。 この菌は、発病した花、あるいはほかの植物の枯れ葉に寄生して土壌中に越冬し、 翌春に分生子が飛散して第一次伝染します。 発生しやすい時期は、5〜11月の多湿な時期となっています。

対処法)

花弁だけに発生する病気なので、薬害のおそれがあり、薬剤による治療は困難です。 多湿な環境は発病しやすいので、雨がかからない工夫を考慮しましょう。 発病した花は全て除去して焼却するか、土中深く(1m以上)埋めるなど処分して下さい。

予防策)

通風を改善する、花に水をかけない、窒素肥料を控える、 多発時には雨よけを行う、土の水はけを改善する、 近くに被害花があれば除去する。密植や過繁茂にならないようにするなどです。

開花時期に窒素肥料が効きすぎていると必ず発生しますので、 止め肥の時期を誤らないように注意しましょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A