斑点病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための斑点病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

斑点病の対策、予防について

斑点病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

葉や茎、蕾のがくなどに暗褐色、灰褐色、 灰白色などの円形や不正円形の病斑を生じ、 次第に大きくなって、他の病斑とつながっていきます。

病斑には、小さな黒い点が散在し、 よく見ると毛羽立ったすすかび状物に覆われています。 病状がすすむと、落葉、ねじれ、変色、生育不良などの被害が出ます。

病原菌の種類は数多く、植物によって症状や対策が異なるので都度、 よく調べて対処してください。

斑点病とは、糸状菌(カビの一種 多種におよぶ)によるものを指します。 細菌によるものは、斑点細菌病として区別します。 はじめ糸状菌が被害葉上で越冬し、よく春に胞子を放出、 風や水によって他の植物に伝播していくと考えられます。

適度な温度と湿度で繁殖するため、梅雨時に被害が多く見られます。 概ね4〜11月によくみられます。

野菜では、トウガラシ、ピーマン、セロリなどがかかりやすく、 庭木ではアオキやミズキ類、草花では、アスター、カーネーション、 ガーベラ、スイセンなどにもよくみられます。

対処法)

被害が出たら、被害葉および落葉は放置せずに拾い集めて焼却処分します。 薬剤散布も効果がありますが、カビの種類が多種にわたる場合もあるため、 選定には注意してください。

予防策)

葉の表面がぬれていると発生しやすくなるため、 水遣り時には葉にかからないようにする、 雨のはね上がりを防ぐ意味でマルチングも効果があります。 冬に被害葉があると伝染源となるため、 できるだけ取り除くことで翌春の被害拡大を防ぐこともできます。

生育期間中は薬剤を定期的に散布して予防するなどの策がありますが、 野菜の場合には収穫時期などに配慮して使用してください。

一般的にはST ダコニール1000、サンケイ オーソサイド水和剤80、 ビスダイセン水和剤などが用いられます。使用方法等をよく確認の上、用いてください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A