斑点細菌病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための斑点細菌病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

斑点細菌病の対策、予防について

斑点細菌病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

葉や茎、果実、花にも発生します。 葉は、水でにじんだような斑点ができて、 それが広がって大きく不正形な褐色の病斑ができます。 古い斑では色がぬけて穴が開いたりもします。 やがて植物の元気がなくなり、枯れてしまいます。

土の中に存在する病原細菌類(キサントモナス属Xanthomonasやフセドモナス属 Pseudomonas)が原因で、 雨の後や水をやりすぎた後に跳ねた泥水から植物に付着して侵入します。

また、発病株からも雨などによって蔓延します。 湿潤時には、病斑部から乳白色の汁液が分泌されることがあり、 乾くと、葉裏に乳白色のノリの塊のような細菌群として見られることがあります。

15〜30℃の多湿時、概ね3〜11月頃発生します。 ベト病の病斑と似ていますが、スス状状カビができないのと、 葉に穴があく特徴などで区別できます。

野菜では、キュウリなどのウリ科の植物や、トマト、ダイコン、 レタス、など、草花では、カーネーション、ベゴニア、 シクラメン、イリス、ホオズキ、などでもよく見られます。

対処法)

発病した部分は、早期に撤去して焼却処分してください。 初期であればボルドーなどの薬剤散布も効果があります。 ただ、同じ薬剤を連続使用しないように注意してください。

予防策)

連作を避けること、土の排水条件をよくすることが重要で、 水のやりすぎ、過湿を避け、植物をきずつけないようにしてください。

葉が過剰に繁茂して場合には適宜取り除いて風通しをよくしてください。

また、古い支柱などからも感染するのでできるだけ使用前に消毒してください。 定植時に植穴土壌混和や土壌消毒、後の定期予防散布などを行うことでの予防が可能です。 薬剤は、植物によって適宜判断して選定、使用してください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A