いぼ皮病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないためのいぼ皮病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

いぼ皮病の対策、予防について

いぼ皮病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

いぼ皮病(輪紋病)は、枝幹部の表面に多数のイボができ、 その周辺の表皮が円形に枯れてきます。

その後、病斑部分はでこぼこになったり亀裂を生じ、 症状がひどいとヤニを出すこともあります。 また、果実に感染すると円形で褐色をした病斑ができ、次第に拡大し軟化させます。

感染経路は「雨」で、病斑がぬれ柄胞子を飛散し果実に感染します。 気温28℃前後の高温下でよく発生し、老化した株ほど「いぼ病斑」の被害にあいやすいようです。 被害を受けやすい樹木は、ウメ、スモモ、ナシ、モモ、リンゴなどで、特にナシの重要病害です。 発生しやすい時期は、4〜10月。果実については糖度が高くなると繁殖を始め、収穫期が近づくと急激に発病します。

対処法)

枝幹部は、被害部分を深めに削り取り、葉や果実は、 被害部分を全て除去し、薬剤(有機銅・キャプタン剤、 カケンゲル塗布剤、ICボルドー、Zボルドーなど)を塗布あるいは散布します。

予防策)

土の水はけを改善する、土の過度の乾燥を避ける、 株に水をかけない、十分な日照を確保する、通風を改善する、 連作を避けるなどです。

特に果実は果実が肥大してきたら袋かけをしましょう。

また、発生を少なくするためには「いぼ病斑」の発生を少なくすることですが、 いぼ病斑は樹勢が弱い場合に発生しやすいので、樹勢を健全に保つこと、 若木の管理も防除の基本となります。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A