萎黄病(イオウ病)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための萎黄病(イオウ病)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

萎黄病(イオウ病)の対策、予防について

萎黄病(イオウ病)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

葉が下から葉脈に沿って黄色くなり、株の生育が止まり枯死します。 被害葉は、片側半分だけが黄色く変色しているのが特徴です。

また、葉が小さい、ねじれが生じる、・奇形化することも多く見うけられる症状です。

イチゴの最も恐ろしい病気です。 症状は、苗のときに、出てくる新芽の葉が1〜2枚変形して小さくなったり、 ねじれたようになり、黄色みがかります。

連作をするとこの症状がもっとひどくなり、絶滅する場合がありますので、 十分な注意が必要となります。

宝交早生はこの病気にかかりやすい品種なので、 病気が発生した場所では、ダナーや麗紅などの品種を栽培するとよいでしょう。

発生しやすい時期は、気温の高い8〜9月に多く発生します。

対処法)

土壌による病害なので、発生してからでは被害株を除去する以外ありません。

また、一度発生するとかなり長い間土地の中に病菌が生き続けますので、 周りの土も多めに処分した方がよいでしょう。連作も避けてください。

予防策)

被害株から子株や種などを取らない、連作を避ける、 耐病性品種を栽培する、窒素肥料を控える、カリ不足を改善する、 有機質肥料を控える、土に未熟な有機物を混ぜない、土の水はけを改善するなどです。

また、植え付け前にしっかり日光に当てたり、 熱消毒(焼き土など)を施しましょう。

植え込み直前の苗をベノミル剤などで殺菌しておくことも有効です。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A