萎凋病(イチョウ病)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための萎凋病(イチョウ病)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

萎凋病(イチョウ病)の対策、予防について

萎凋病(イチョウ病)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

萎凋病(イチョウ病)は、根から侵入した病菌により導管部が侵され、 養水分の供給ができなくなることが原因で地際部分が褐色になって腐敗します。 同時に下葉から徐々に萎れて黄色くなり、やがて株全体が枯れてしまいます。

暑い時期、雨があがって高温が続くと発病しやすく、 根には綿のようなカビが付いています。

苗が若い時期に発生しやすく、 カリ質肥料などの不足が被害を大きくする原因の一つとされています。 また、葉の半分だけ、または株の半分だけが萎れるのが特徴となっています。

被害を受けやすい植物は、野菜類ではエダマメ、ゴボウ、 トマト、ネギ、ホウレンソウなど。 草花ではアスター、カーネーション、マーガレット、 シクラメン、スイートピー、ストックなどです。 発生しやすい時期は、5〜10月で、特に気温の高い真夏に多く発生します。

対処法)

土壌による病害なので、発生してからでは被害株を除去する以外ありません。 また、一度発生するとかなり長い間土地の中に病菌が生き続けますので、 周りの土も多めに処分した方がよいでしょう。

予防策)

被害株から子株や種、挿し穂などを取らない、連作を避ける、 根に無用な傷を付けない、土の水はけを改善する、土の過度の乾燥を避ける、 窒素肥料を控える。カリ不足を改善するなどです。

また、植え付け前にしっかり日光に当てたり、 殺菌剤のベンレートなどを培養土に混ぜるなどして、土壌の消毒を行いましょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A