褐色腐敗病(かっしょくふはいびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための褐色腐敗病(かっしょくふはいびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

褐色腐敗病の対策、予防について

褐色腐敗病(かっしょくふはいびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

主に果実に被害が大きく、蕾、枝、茎の地際などにも起こります。 果実では、くぼみのある褐色の病斑ができ、表面に白色粉状のカビを生じ、 次第に密になり所々が隆起したビロード状になって、病斑が果実全体に広がり軟腐します。 ひどいときには蕾も侵されて果柄と共に腐敗落果します。

枝や茎では、初め淡褐色、水浸状の斑点を形成し、拡大してぐるりと取り囲むと先端部は萎凋、枯死します。 地際が侵されると、地上部は青枯状となり下部の葉から黄化、枯死します。 糸状菌(カビの一種、フイトフトラカプシシPhytophthora capsici、 フサリウム属Fusarium solaniなど多種)を原因とし、 5〜10月、比較的低温で多湿な条件で発生します。

カンキツ類の果樹やキュウリ、シロウリ、スイカ、トマト、ナス、 ピーマン、マクワウリなどの野菜類もかかり、収穫期近くに発病すると多大な被害となります。

対処法)

発病初期なら被害部分を全て除去し、薬剤を使用します。 放置すると圃場に蔓延する危険があります。 病状が進行した株は周りの土とともに処分してください。

被害株に用いた土や器具は消毒するまで再利用しないよう注意してください。

予防策)

連作を避け、土の水はけや通風を改善し、株に水をかけない。 できれば雨に当てない、株を冠水させない、清潔な水を与えるなどが重要です。

果実では直接土に触れないようする、また、雨で跳ね上がった泥が株や果実に付かないようにする、 株に無用な傷をつけない、傷を付けたら傷口を早く乾かすなどで予防します。

日中、果実の温度の高い時期の収穫、雨後の収穫は避けるとよいです。 防除薬剤としては、ランマンフロアブル、フォリオブラボ顆粒水和剤、 ホライズンドライフロアブル等適宜利用してください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A