褐色菌核根腐病(かっしょくきんかくねぐされびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための褐色菌核根腐病(かっしょくきんかくねぐされびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

褐色菌核根腐病の対策、予防について

褐色菌核根腐病(かっしょくきんかくねぐされびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

主にアスパラガスに特徴的な病害です。

根の一部に黄〜白色の菌糸が付着し、やがてオレンジ色の菌糸塊となります。 根の表面を軟化させ組織を溶かしてやがて維管束と外皮のみとなります。 根は黒褐色になり、乾燥状に枯死します。隣接株への伝染は菌糸によって行われます。

夏季には発病せず、冬季に休眠根を侵すのが特徴で、定植前の育苗畑で発生することもあります。 被害が出ると、萌芽の時期に出芽が極めてすくない現象が生じ、 まったく株が出てこないこともあります。

菌核は土中又は枯死した根上で越夏しますが、この時期になると菌糸や菌核の判別は困難となります。 糸状菌(カビの一種、Sclerotium)を原因とし、6〜7℃の地温で活動をはじめ、 根腐症状は0〜1℃ですすんで3〜4℃で菌核形成が盛んになります。

アスパラガス以外にも感染の可能性は報告されていますがほとんどみられません。

対処法)

被害株は見つけ次第、撤去、焼却処分し、除去した部分は土壌消毒し、蔓延を防止してください。

予防策)

育苗には健全な土壌を用いるなどにより予防してください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A