渇紋病(かつもんびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための渇紋病(かつもんびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

渇紋病の対策、予防について

渇紋病(かつもんびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

円形で淡褐色〜紫褐色・灰緑色などをした小斑点ができ、次第に拡大・融合します。 やがて赤褐色・黒褐色の輪郭ほど色の濃い同心円状でややへこんだ病斑が多数形成されます。 葉では、部分が破れて穴が開きやすくなり、茎では、地際部分に発生しやすくなります。

熟した果実でも発生します。 被害果は落下することもありますが、そのまま黒変してミイラ状になることが多いです。 古い病斑上には小さな黒い点々を生じます。育苗期には、苗立枯れを起こします。

糸状菌(カビの一種 多種に及ぶ)を原因とします。 4月以降、雨の多い年に発生が多い傾向があります。 密植や繁茂によって被害が増加します。

野菜類では、ナスやエンドウ、小豆などの豆類、ウドなど、豆類は豆サヤにも被害がでます。 草花では、ケイトウなど、庭木ではモチノキ類、ヒサカキ、ヒメユズリハなどにかかります。

対処法)

被害部分を全て場外に除去し、薬剤を使用してください。

予防策)

株元を清潔に保つこと、肥料不足を改善すること、密植を避け、通風、 排水を良好にすること、株に水をかけないことなどが基本の予防策です。

連作を避け、斑紋のあるような種子は用いないよう注意してください。

薬剤では、作物によって異なりますがトップジンM水和剤などを適宜用いてください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A