黒点根腐病(こくてんねぐされびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための黒点根腐病(こくてんねぐされびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

黒点根腐病の対策、予防について

黒点根腐病(こくてんねぐされびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

根および地際部が侵され、根は褐色〜黒褐色のひびわれたような病斑を生じ、 やがて多数の小黒点(剛毛を伴う分生胞子層)が形成され、まわりの細根を腐敗させます。

株は下葉から黄色くなってしおれます。 この段階ではまだ枯死しませんが、その後生長点以外の全体が黄色く萎凋して生長が著しく悪化すると枯死します。

糸状菌(カビの一種、コレトトレチューム属Colletotrichumモノスポラスカス属、Monosporascus など))を原因とし、 しばしば白色の菌叢を形成、のちには黒色の分生胞子層を散生し20〜28℃で生育、概ね4〜10月に発生します。

ナス科の植物に病原性があり、他にはトマト、ピーマン、スイカ、メロンなどでもみられます。

対処法)

被害株は周りの土とともに場外に処分してください。 発生が見られた圃場では土壌消毒を行ってください。

被害株から子株やタネなどを取ってはいけません。 被害株に用いた土や器具は消毒するまで再利用しないように注意してください

予防策)

根腐病と類似しますが、通風と過湿を改善することが重要で、 未熟な有機物を混ぜない、有機質肥料、窒素肥料を控える、 土の水はけを改善するなどが基本事項です。

できれば雨に当てない、株に水をかけない、清潔な水を与えることも予防策です。 雨で跳ね上がった泥が株に付かないようにもしてください。

連作を避けること、輪作を行う、ネギ類と一緒に植えのも予防になるといわれます。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A