茎腐病(くきぐされびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための茎腐病(くきぐされびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

茎腐病の対策、予防について

茎腐病(くきぐされびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

地際の茎の表面から濃茶褐色に腐敗し、茎内部にまで侵されます。 下葉は枯れ上がり、根も腐敗、地上部を枯死させます。 褐色〜黒褐色の、ややへこんだ水浸状病斑ができ、軟化腐敗しますが、 ひどい時には葉にも病斑を生じます。

病斑上には、縦方向の亀裂を生じることもあります。 地際の腐敗部分には白色〜茶褐色の菌糸を生じ、 その他の部分でもクモの巣状にカビがまとっているのが見てわかります。

土壌伝染性の糸状菌(カビの一種、リゾクトニア属Rhizoctonia)を原因とし、 菌糸や菌核の形で被害株残渣とともに土壌中で越年し、翌年の伝染源となります。 25〜30℃、多湿で発病しやすく、概ね3〜10月にみられます。

野菜類では、エンドウ、ソラマメ、ラッカセイなど、 草花類では、カーネーション、カスミソウ、カンナ、キキョウ、ケイトウ、 サボテン類、ゼラニウム、トルコキキョウ、ナデシコ類、ベゴニア類、ルピナスなどで見られます。

対処法)

被害株は早急に周りの土とともに焼却処分してください。 被害株から絶対に子株などを取らないようにしてください。 病菌を土壌中に残さないよう、薬剤防除なども行ってください。

被害株に用いた土や器具は消毒するまで再利用しないようにしてください。

予防策)

十分な通風と日照を確保し、土壌の水はけを改善することなどで多湿を避けてください。 連作を避け、雨で跳ね上がった泥が株に付かないようにすることも感染予防において重要です。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A