黒あざ病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための黒あざ病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

黒あざ病の対策、予防について

黒あざ病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

ジャガイモ、サツマイモやゴボウに多い病気です。 葉、葉柄、芽、茎、地際部分、根、地下のイモなどに発生します。 ゴボウでは、葉に黒褐色の病斑があらわれ、根にも黒褐色の病斑ができて表面に亀裂を生じます。

イモ類では、ジャガイモでは葉や茎が赤紫色に変色して巻き上がったり腐敗したりといった症状があり、 地下の芋も表面に黒褐色の病斑が確認できますが、サツマイモでは、地上部に変化がなく、 地下の芋にのみ表面に黒褐色の大きな病斑が現れるというように、種類によって症状が異なります。

糸状菌(カビの一種、リゾクトニア属Rhizoctonia )を原因とし、 5〜10月にみられ、過作、酸性土壌、春の低温などで発生が増えるとされます。

対処法)

被害株は周りの土とともに処分してください。 被害株からタネイモやタネを取ったりしないよう十分注意してください。 被害株に用いた土や器具は消毒するまで再利用しないようにしてください。

予防策)

連作を避けること、土の水はけを改善する、土に有機物を多量に混ぜない、 通風を改善する、土壌酸度が酸性に偏らないようにするなどが主な予防方法です。 耐病性品種を栽培する方法もあります。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A