黒腐れ病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための黒腐れ病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

黒腐れ病の対策、予防について

黒腐れ病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

葉の縁に、くさび型をした黄白色〜灰白色をした水浸状病斑ができ、その部分が薄くなってやがて褐変します。 下葉から発生することが多く、葉柄、茎、蕾では、不整形で暗褐色〜黒色をした病斑ができてへこんできます。

茎や根を切断すると、導管が黒く変色しているのがわかります。症状がすすむと、株全体が枯死します。

アブラナ科の被害が主で病原細菌(キサントモナス属Xanthomonas)による土壌伝染と種子伝染が主な感染源です。 種子の発芽の際、子葉頂部のくぼんだところにある水孔から侵入します。

発育適温は29℃で、風雨その他により作物が傷つくと、発生しやすくなります。 5月頃と9〜10月頃によくみられます。乾燥状態では1年以上生存可能であるため注意が必要です。

野菜では、カブ、カリフラワー、キャベツ、ダイコン、ブロッコリーなど、 草花では、ストック、ハボタンなどが被害を受けます。

同じ名称でチューリップの黒腐れ病というのがありますが、 これは、病原細菌(プセウドモナス属Pseudomonas)を原因とし、 貯蔵中の球根の表面に不整形で黒褐色の、ややへこんだ病斑ができ、株全体が腐敗するものです。

対処法)

発病初期であれば被害部分を全て除去し、薬剤を使用してください。 病状が進行した株は周りの土とともにすべて処分する必要があります。

被害株に用いた土や器具は消毒するまで再利用しないよう注意してください。

予防策)

連作を避け、できれば雨に当てない、多肥を避ける、株に水をかけない、 土の水はけを改善する、株に無用な傷を付けないようにし、 雨で跳ね上がった泥が株に付かないようにも気をつけてください。

被害株から子球やタネを絶対に取らないようにし、 不明な場合にも種子、土壌消毒を行うと予防できます。

耐病性品種も栽培されています。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A