黒カビ病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための黒カビ病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

黒カビ病の対策、予防について

黒カビ病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

全く異なる三種類の病気に分かれます。原因菌も異なります。

スミレ類では葉に円形で黄褐色をした同心円状病斑ができます。 スイセン、チューリップなどの球根植物やタマネギなどでは暗褐色の病斑ができて黒いカビを生じます。 水分が多いと、病斑部分が軟化腐敗する立ち枯れを招きます。

イチジク、ももなど果樹やメロン、トウガラシナなどの果実に灰黒色のカビが生え、軟化腐敗する被害が出ます。 糸状菌(かびの一種、多種に及ぶ)を原因とし3〜11月にみられます。貯蔵中の果実や球根にも発生します。

対処法)

草花では被害部分を球根植物では被害株をまわりの土と共に全て除去、処分してください。 できれば薬剤を使用してください。

予防策)

連作を避け、土の水はけを改善する、葉に水をかけない、できれば雨に当てない、などで感染を防ぎます。 球根植物では、被害株から子球やタネを取らないこと、有機質肥料を控えること、 窒素肥料を控えることなどが重要です。

球根には無用な傷を付けないよう注意し、掘り上げた球根はすぐに乾燥させてください。 果樹では耐病性品種を栽培する方法もあります。トップジンM水和剤などを散布して予防します。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A