黒枯病(くろかれびょう)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための黒枯病(くろかれびょう)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

黒枯病の対策、予防について

黒枯病(くろかれびょう)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

主に葉に境目が明瞭な黒褐色で点状から円形の斑点ができ、次第に拡大して、内部が褪色し、 紫褐色から淡紫褐色になってしばしば同心円状の輪紋のようになります。 ひどいときは葉に多数の黒い病斑ができて落葉します。

多発した場合、茎や果実にも発生することがあります。 茎では、果実の収穫後に果梗の切り口から発生し始めることが多く、次第に枝に及びます。 被害部はややへこんで褐変、後には枝枯れとなります。 枝の分岐部の症状が激しく、被害部は著しく膨張して枯死し、枯死した茎や果梗の表面には、暗黒色のかびを生じます。

果実では表面に水泡状の小さな隆起を生じて湾曲したり、へこんだ亀裂を生じたりします。

糸状菌(カビの一種、多種に及ぶ)を原因とし、病原菌は被害作物残さと共に、 土壌中で生存し、第一次伝染源となります。 感染後は病斑上に形成された胞子の空気伝染により伝搬します。

主に施設栽培で発生し、高温、多湿条件下で多発します。 苗床を蒸し込むと苗にも発生し、定植後これが伝染源となって、 本圃で思わぬ発生を見ることがあります。褐紋病に似ていますが、黒枯病は病斑の上に黒い小粒ができません。

対処法)

被害を受けた茎葉、果実は圃場外に持ち出し処分し、残渣を残さないようにしてください。 初発時に防除を徹底すると、被害の蔓延は防止できます。

防除薬剤としては、アミスターオプティフロアブル、ゲッター水和剤等を散布するとよいでしょう。

予防策)

連作を避け、排水を良好にするとともにマルチなどを行ってください。

夏季高温時のハウス栽培では、換気を十分行い、ハウス内が加湿状態にならないよう管理してください。 耐性菌が発生しやすいので、同一薬剤の連用は避けるようにしてください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A