黒すす病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための黒すす病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

黒すす病の対策、予防について

黒すす病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

葉や葉柄、幹、枝の表面に灰褐色の小斑点が次第に拡大し、褐色の病斑を多数形成、 斑の周辺を黄変させます。 多湿時に病斑上に、黒いスス状のカビを同心円状に生じ、葉の全面を被膜が覆います。 古い葉ほど発生しやすいようです。

糸状菌(カビの一種、多種に及ぶ)を原因とし、カイガラムシ類やアブラムシ類など害虫の排泄物や分泌物、 植物に付着したほこりに寄生するものと、それとは無関係に植物体から直接養分を摂取する寄生性のものがあります。

前者(害虫等の寄生性)では主に葉の表面のみに出るのに対して、 後者(植物寄生性)は、葉の表裏、葉柄、幼枝、果実、野菜などにも出ます。

条件が整うと、胞子を形成して、雨滴や風によって下葉に運ばれ、病斑を形成、 再び胞子が形成されて次々に伝搬、また種子上でも生存し種子伝染します。 高温・多湿期に発生が多いとされます。

野菜類では、カリフラワー、キャベツ、ブロッコリーなど、 庭木では、カシ類、キヅタ、クワ、コブシ、サワラ、サンゴジュ、 シャリンバイ、タブノキ(イヌグス)、トベラ、ヒサカキ、モクゲンジ など様々なものにみられます。

対処法)

被害部分を全て除去し、ポリオキシンAL水溶剤などの薬剤を使用してください。

被害株に用いた土や器具は消毒するまで再利用しないよう注意してください。 害虫を原因とすることも多いため、発見された場合には合わせて駆除してください。

被害株からタネを取らないよう注意してください。

予防策)

種子伝染するため、健全な消毒済み種子を利用し、育苗時は、 潅水すると胞子が飛散して被害を大きくするので底面給水とするのが好ましいです。

また、生育時には菌の発生原因となる害虫を寄せ付けないことが第一です。

さらに、通気性や日当たりが悪いなどの多湿環境を好んで発生するため、 こまめに剪定することで通風などを改善してください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A