実腐病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための実腐病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

実腐病の対策、予防について

実腐病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

花、花梗、果実、葉、茎を侵します。花では開花期に小さな花が褐色に腐敗し、 結実せずに枯死します。

果実、果房は6月中・下旬から発生しはじめ、7月に急速に進展します。

はじめ水浸状の小斑点生じ、褐色に変色して軟化、腐敗して次々に落下します。 葉の病斑は4月頃から、葉縁から水浸状に褐変したり、 茎の節間に褐色楕円形の病斑を生じたりします。

夏期の多雨、低温、9月の多雨が発病を助長するとされます。 糸状菌(カビの一種、多種にわたる)を原因とし、 被害植物の種類によってかかる菌の種類や病状が異なります。

通常、被害株上で越冬し、胞子などを飛散させて感染を広げます。 野菜や果樹では、トマト、トウガラシ、シロウリ、ピーマン、ナシ、 庭木ではセンリョウなどにもよく発生が見られます。

対処法)

発病株や芽は早期に除去・焼却処分してください。 竹すだれによる遮光は、発病を軽くするといわれますが、 ナイロン性寒冷紗は発病を助長するので注意が必要です。

予防策)

多湿状態、過繁茂を避けてできるだけ風通しをよくしてください。 うどんこ病などの葉の障害がこの病状を助長することがあるともいわれるので、 同時に予防につとめてください。

収穫はできるだけ晴天時に行い、果実がぬれているときにはよくふき取ると、 収穫後の発病を予防できます。

センリョウでは、実に発生した時点でダコニールやトップジンなどの薬剤を散布することで葉や茎に広がるのを予防できます。 野菜類の予防では病原菌や種類によって異なるため適宜選定して使用してください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A