紋枯病(もんがれ病)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための紋枯病(もんがれ病)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

紋枯病(もんがれ病)の対策、予防について

紋枯病(もんがれ病)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

イネやトウモロコシなどのイネ科の植物やカヤツリグサ科の植物、 雑草などにあらわれるもので、 糸状菌(カビの一種、リゾクトニア属 Rhyzoctonia)を原因とするものです。

病斑はまず、水際に近い葉鞘部にあらわれ、 楕円形の病班となり周縁部が褐色化、中央部は退色して灰白色となります。

病斑上に白い菌糸をクモの巣状に伸ばし、病斑は下部から上部へとすすみます。 さらに病状がすすむと止葉が黄化、枯死して実のつきが悪くなったり、 茎が弱くなって倒伏します。

まずは株の下部に発生し、圃場内の全体に広がります。 上部にまで至ると、全体が倒状し、大幅な収量減となります。

22℃以上で発病がはじまり、28〜32℃で生育します。 特に梅雨初期頃に高温で推移すると初期の発生が早まり勢いを増してしまうことです。 多湿であることも菌の発生を助長します。 菌核で越冬するため、前年に発生が多いと発生を助長することになります。

対処法)

水際で発生が確認されたら、幼穂形成期頃から乳熟期にかけて、 薬剤散布(モンカットなど)をすると効果があります。 早植栽培では2度必要といわれています。

予防策)

一般的には、冬季に畦畔雑草を除去する、窒素の多様を避ける。 前年に発生した場合などは特にモンカット粒剤などの薬剤を出穂前に散布すると予防になります。 薬剤によって散布が有効に働く時期が異なりますので注意してください。

無農薬・減農薬の方法では、籾の温湯消毒を行い、 収量とのバランスがありますが、密植を避けて、 まめに雑草をとるなどの疎植につとめると風通しがよくなり、予防になります。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A