モザイク病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないためのモザイク病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

モザイク病の対策、予防について

モザイク病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

モザイク病はウイルス病とも呼ばれ、ウイルス粒子の感染によって起こる病気です。

症状は、主には葉や花弁に濃淡のまだら模様が出ます。 この病斑がモザイク状に見えることからモザイク病と名付けられたようです。

そのほかにも、葉の一部あるいは株全体が萎縮し葉の色が濃くなる、 黄白色の紋入りができる、 初期に感染した株では葉がちりめん状になり枯れてしまうなどさまざまな症状がみられます。

おもしろいことに、ツバキやサザンカなどは、斑入り葉になり、観賞価値が高まることもあるようです。

ウイルス粒子の種類は非常に多く、寄生範囲が特定されているものや多犯性のものと様々です。 また、モザイク病の伝染経路はアブラムシによる伝染が一般的なので、 大切な樹木や花にアブラムシがいないかどうか、まずチェックすることが重要ポイントです。

対処法)

モザイク病にかかった株は薬剤で治すことはできません。 発生したら株ごと引き抜いて焼却するか、 鉢植えなど可動できるもであれば、健全なものから離しておきましょう。

予防策)

アブラムシ駆除のための薬剤散布とアブラムシを寄せ付けないための工夫が必要です。 アブラムシは反射光線を嫌いますので、株元にポリエチレンフィルムやアルミ箔などを敷くと効果的です。

また、汁液伝染の予防として、つぎ木や株分けの際に使用するハサミやナイフなどの道具の消毒も行いましょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A