苗腐病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための苗腐病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

苗腐病の対策、予防について

苗腐病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

播種後の出芽時などに発生します。 地際部の茎や根に病斑ができて水浸状になり、 細くくびれて、やがて腐敗し、立枯れを起こします。

病原菌は、糸状菌(カビの一種、ピシウム菌Pythium ultimum)で、 発病株の組織中に卵胞子をつくり、被害残渣とともに土中に残って土壌伝染します。 排水不良で過湿の場合に発生しやすくなります。

一旦発生すると遊走子によって周辺の苗に急速に伝染し、 発病後の防除は困難といわれます。

野菜では、ホウレンソウやダイコン等がかかりやすく、 水稲などでも見られます。 草花では、ストックやカスミソウ、キンギョソウなどにもみられます。

対処法)

発病株はすみやかに除去し、周辺に放置しないようにして、 除去、焼却処分してください。球根は晴天日を選んで掘り取ってください。

予防策)

土壌による感染が主であるため、健全な土を用いることが重要です。 土壌消毒(蒸気消毒)を行うなども広く行われています。

また、なるべくきれいな水で潅水する(ため水などを用いない)ことや、 土壌が過湿にならないよう注意して、育苗床の排水を計画してください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A