苗立枯れ病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための苗立枯れ病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

苗立枯れ病の対策、予防について

苗立枯れ病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

播種から本葉2〜3葉期頃までの生育初期に、 主に地際部から発病して立枯症状を起こすものをいいます。

通常、発生後、急速に蔓延するため、防除対策の遅れから被害拡大を招きます。 茎の一部がくびれたようになり、腰折れ状になるのが特徴です。

糸状菌(カビの一種)を原因としていますが、作物によって菌の種類が異なり、 一度に複数の病原菌が関与する場合もあります。 湿潤状態では、ピシウム菌(Pythium)、 乾燥状態でリゾクトニア菌(Rhizoctonia) の被害が大きいとされます。

4〜11月に多く見られます。

リゾクトニア菌系では、感染後は、植物の上部へと菌糸を伸ばし、 さらに気中にも伸ばして近接する植物へも広がります。 ナス科、ウリ科の野菜や、トウガラシ、キャベツ、タマネギ、 ネギ、草花ではシネラリア、ニチニチソウ、ヒマワリ、 シクラメン、ダリア、樹木ではツツジ、マツ類、スギ、 ヒノキなどでもみられます。

ピシウム菌系では、卵胞子が適当な温湿度条件が整うと発芽して、 菌糸または遊走子を形成し、植物体に感染、菌糸を組織中に蔓延させます。 雨や潅水等による多湿条件下では周辺の植物体への感染が広がり急速に蔓延します。 トマト、ダリア、キュウリ、ユウガオ、ヘチマなどでみられます。

対処法)

発病した場合は速やかに植物を取り除き、焼却又は埋没処分してください。 薬剤防除は発生の最初期にしか効果はありません。 病原菌の種類によって有効薬剤が異なるためある程度菌を特定しなければなりません。

予防策)

いずれも感染した植物の残渣や菌糸・菌核が土の中に残ることによる土壌感染が一般的です。 育苗床は健全土壌を選ぶ、土壊消毒を行う等、床土の準備に十分な注意を払うことが最も重要です。

発病後は急速に蔓延するため、育苗床の観察を怠らないようにします。 薬剤では予防散布に重点をおいてもよいでしょう。 育苗施設やトンネルでは、多湿を避け、換気につとめるのも重要です。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A