夏疫病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための夏疫病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

夏疫病の対策、予防について

夏疫病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

べと病のなかでも主にジャガイモに発病するべと病を指します。 地上部では主に葉に症状が出ます。初め、葉の表面にうっすらと褐点ができ、 次第に拡大してほぼ円形の暗緑色の病斑となります。 葉の裏側には白い粉状のカビがびっしり生えています。

これは病原菌の胞子です。

ジャガイモの食用部分は「塊茎(かいけい)」といいますが、 その塊茎でも発病します。表面に黒みを帯びたへこみを生じ、内部はレンガ色から褐色になります。

水を好むのがこの病原菌の特徴です。 低温と高い湿度は分生子をたくさん作りますし、多量の降雨が続くと、塊茎腐敗が多発します。 発生しやすい時期は、作型により違いがありますが、ジャガイモの開花時期は注意が必要です。

対処法)

発病後の防除は極めて困難なので、 発病の恐れがあるときは薬剤(ジマンダイセン水和剤、 ダコニールフロアブル、ビスダイセン水和剤、 アリエッティー水和剤、アミスターフロアブル、銅剤など)の予防散布に努め、 また初発期に防除時期を失しないように散布しましょう。

予防策)

無病種いもを使用する、開花期以降に多発するので予防的に薬剤散布を行う、 罹病作物や被害残渣の除去、多湿条件の排除などです。

特に、種いもがこの病気の第一次伝染源となりますので、十分注意して入手しましょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A