立枯れ病(たちがれ病)の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないための立枯れ病(たちがれ病)の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

立枯れ病(たちがれ病)の対策、予防について

立枯れ病(たちがれ病)の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

主幹の地際部の茎が褐色〜黒褐色に変色し、細根が黒変腐敗して立ち枯れます。 樹木の葉は通常、緑のままで枯れ、落葉します。 野菜などでは株全体が萎れ、根元近くからだんだんと黄色く変色してやがて腐敗します。 葉には紫褐色の病斑が現れ、花は蕾のうちに褐色になり枯死します。

花壇などでは被害が円形に広がり、坪状に被害が発生します。 特に発芽直後の苗の立枯症状を特に苗立枯病といいます。

通常、気温が上昇する4〜5月頃に多く、11月ごろまでみられます。 原因は、糸状菌(カビの一種、多種に及ぶ)で、 土壌中の植物の遺体や被害株の内部、表面などで越冬し、 春になると胞子を飛ばして伝播するといわれます。

野菜類ではホウレンソウ、サツマイモ、ハーブ類がかかりやすく、 カーネーション、コスモス、インパチェンス、ケイトウなどの草花などでも被害がでます。

対処法)

他の株への感染防止のため、病株は抜き取って焼却することが重要です。 株は幹や茎だけでなく、枯れた葉や蕾なども拾い集めて焼却処分してください。 被害株に用いた土や器具は消毒してから再使用してください。

予防策)

植え付け前に土壌を消毒する、排水、通風をよくすることを基本に、 株間、株元が高温多湿にならないよう、茎を間引いて蒸れないように注意してください。 発見したら早期に除去するなどが挙げられます。

また、窒素系の肥料の過多も原因になることがあるので注意してください。

カリ不足の改善、特に未熟な有機物を混ぜないことも予防になります。 ネギ類を混植するのも効果があるといわれます。 同じ種類の作物を連作しないなども重要です。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A