うどんこ病の対策、予防について

育てた努力を無駄にしないためのうどんこ病の対策、予防についてです。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

うどんこ病の対策、予防について

うどんこ病の対策、予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

うどんこ病は植物全般にかかりやすい病気ですが、 葉などが白くなるので、他の病害と区別はつきやすく発見は比較的容易です。

普段のお手入れに際に十分に注意しておくとよいでしょう。

うどんこ病は、新芽や若葉、茎、花茎が、 小麦粉をまぶしたように白いカビが生える病気です。

葉っぱなどの表面が白くなることによって、光合成ができなくなり、 生育不良をおこし、咲くはずの花が咲かない、果実がならないなどの症状があります。

また、病原菌はその植物特有となります。 例えばイチゴのうどんこ病ならイチゴにしか発生しませんし、 生きている植物にしか発生しないという特徴もあります。 発生しやすい時期は、4〜10月の気温や夜の湿度が高い時期となっています。

対処法)

原因のカビは、枯れ葉や花びらの上では生きていけませんが、 その胞子が飛んで、徐々に広がっていきます。

症状が出たものと同じ種類の植物が近くにある場合は、特に注意が必要です。

発生初期は、1週間〜10日おきくらいに、木酢液や酢を水で薄めた液、 重曹を散布してみましょう。軽症であれば効果があらわれます。

被害がひどくなった場合には薬剤散布が必要となってきます。 また、原因である胞子をなくしてしまうためにも、 病気になってしまった株は除去して消却したほうがよいでしょう。

予防策)

株や葉の間隔をあけて風通しをよくし、適度な湿度と日当たりを確保する、 輪作をする、土壌の排水をよくして健康な根にするなどです。

また、殺菌剤(アゾール軽炭酸水素カリウムなど)を用いることによりうどんこ病を減らすことができますが、 植物に合った薬剤を選ぶように心掛けてください。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A