アザミウマの駆除・退治・予防のための対策

発生したらどうすればいい?予防は?アザミウマの駆除・退治・予防のための対策です。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

アザミウマの駆除・退治・予防のための対策

アザミウマの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

4〜10月、草花、野菜、らん類、花木、庭木、果樹など多くの植物に発生します。 花を食害することが多く「花の害虫」と呼ばれますが、実際には葉や果実も加害します。

一般に体長は1mm以下。 細長い体をしていて、頭部が長く、ウマの名はここからついたと思われます。 馬とちがって足は短く、運動はあまり活発ではありません。 翅は一般の昆虫のように広く薄い膜ではなく棒状をしていて、一面に長い毛が生えています。

多くはつぼみが開き始めたときに花弁の隙間から入り込んで加害します。 花弁の一部にシミのような変色が見られたら、アザミウマの食害を疑ってよいでしょう。 食害の進行とともにつぼみは茶色に変色し、正常に咲かなかったり、早く咲き終わったりします。

駆除と退治の方法)

休まずに働き、せっせと仲間を増やすので、見つけたらすぐに駆除することが大切です。 アブラムシなどに比べると増える速度は遅く、その点でも早期発見、早期対策が大切です。

200以上もの種類があり、好む植物も異なるので、栽培する植物に合わせた対策が必要です。

よく使われる薬剤として、下記のような物が有ります。

アクタラ粒剤5→ナス
アクタラ顆粒水溶剤→ナス、柑橘類
アファーム乳剤→ミカン、すいか、キュウリ、ナス、茶、菊

予防法)

多くの種類が雑草をすみかとしています。 家庭菜園などでは、周りの雑草をこまめに除去します。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A