エカキムシの駆除・退治・予防のための対策

発生したらどうすればいい?予防は?エカキムシの駆除・退治・予防のための対策です。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

エカキムシの駆除・退治・予防のための対策

エカキムシの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

葉に絵を描くように食害する様子からエカキムシと呼ばれますが、この名は通称。 ハモグリバエ(双翅目)、ハモグリガ(鱗翅目)という全く異なる2種の害虫を指します。 ナモグリバエ、マメハモグリバエ、ネギコガ、ミカンハモグリガなど、多数の仲間があります。

4〜10月、草花、野菜、花木、庭木、果樹など多くの植物に発生。 幼虫(ウジ)が葉の内部にトンネルを掘るように食い進むので、葉に幅0.5〜1mmの曲がりくねった白い筋が現れます。 被害を受けた葉を太陽に透かすと、幼虫またはサナギが見つかります。

ウジは長さ2mmほどで、黄褐色。 サナギは同じく長さ2mmほどで、褐色。 多発すると、1枚の葉にいくつもの筋ができます。 葉全体が真っ白になるほど、激しく食害されることもあります。

駆除と退治の方法)

食害された葉に残った筋の先端に幼虫がいるので、その部分を押しつぶして退治します。 成虫は葉の中に卵を産みつけ、幼虫はそのまま葉の中にとじこもって寄生するので、薬剤による駆除は困難です。 ベストガード粒剤、オルトラン粒剤、オルトラン水和剤などの浸透移行性剤が、比較的効果を発揮します。

予防法)

多発すると、駆除は難しくなります。 そこで、葉を日頃からよく観察し、被害葉を見つけたら切り取ります。 成虫は長さ2mmほどのハエで、寄生の対象となるものを減らすために周りの雑草類を刈り取ることも、予防のポイントです。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A