ハダニの駆除・退治・予防のための対策

発生したらどうすればいい?予防は?ハダニの駆除・退治・予防のための対策です。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

ハダニの駆除・退治・予防のための対策

ハダニの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

真冬を除く1年中、草花や野菜、果樹の葉裏に発生します。 気温が高く、湿度の低い晴天の日が続いたあとは特に多発しやすく、 雨の少ない時期は「ハダニの季節」です。

クモの仲間で、成虫は体長0.5mmほど。足は8本で、昆虫ではありません。 種類が多く、体色は赤、緑などさまざま。 また、りんごにはナミハダニやリンゴハダニ、 野菜にはナミハダニやカンザワハダニなど、植物によって寄生する種類が変わります。

小さくて目立たないため、被害が広がるまで気づきにくく、手遅れになりがち。 葉緑粒を吸い取るので、害を受けた葉は表面がカスリ状に抜けて白くなります。葉が白っぽくなったなと思ったら、要注意です。

駆除と退治の方法)

アブラムシと同じく、牛乳をかけて退治する方法があります。 ただし、腐った牛乳の臭みが残りがち。 デンプンを素材に作られた殺虫・殺ダニ剤など、 ハダニの気門に入り込んで呼吸できなくする、 毒性のない自然農薬で駆除するとよいでしょう。

鉢植えの場合には、大きなバケツなどに水をはって鉢ごとどっぷりつけ、 ハダニを溺れ死にさせる方法もおすすめです。 殺ダニ剤を使う場合は、使用できる作物、ハダニの種類をきちんと確認しましょう。

予防法)

雨を嫌う虫で、雨がかかりにくい軒下やベランダ、室内での園芸では発生する確率が高まります。 晴れ間が続く季節など、こまめに葉裏を点検しましょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A