ハマキムシの駆除・退治・予防のための対策

発生したらどうすればいい?予防は?ハマキムシの駆除・退治・予防のための対策です。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

ハマキムシの駆除・退治・予防のための対策

ハマキムシの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

4〜11月、草花、野菜、花木、庭木、果樹など多くの植物に発生。 葉を巻いたり糸でつづり合わせて葉を食害することから、この名があります。

特に、7〜8月の暑い時期に成虫・幼虫が繰り返し発生し、被害を広げます。 成虫は10円硬貨大の褐色のガ。夜間に飛び、葉裏に200粒ほどの卵を並べて産みつけます。

幼虫は体長1〜3mm、淡い黄緑色のアオムシで、 伸びつつある枝や新鞘の先端にあるやわらかい葉を丸めて巣のようなものを作り、 葉を食害します。 多発すると、すべての葉が糸でつづられ、内部から食害されて枯れますので、早期発見、早期駆除が大切です。

駆除と退治の方法)

巻かれた葉の中やつづり合わせた葉の中に幼虫を見つけたら、 捕殺するか被害葉ごと摘み取ります。

ただし、幼虫は移動性で、葉中にはいないことも多くあります。 薬剤では、浸透移行性剤のオルトラン水和剤が効果的です。

スミチオン乳剤やスミナイス乳剤などで駆除する場合は、 葉中にいる虫によくかかるようにたっぷり散布します。 ただし、果樹などでは、薬剤の使用はできるだけ控えます。

予防法)

幼虫は、巻いた葉の中で越冬します。 冬、巻かれた葉を見つけたらすぐに摘み取っておくと、 翌春〜夏の被害を抑えることができます。 また、アブラムシ類の駆除剤を散布すると、ハマキムシの予防にもなります。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A