イラガの駆除・退治・予防のための対策

発生したらどうすればいい?予防は?イラガの駆除・退治・予防のための対策です。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

イラガの駆除・退治・予防のための対策

イラガの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

カキノキやバラ科の木に多く発生する昆虫です。 キクサン、シバムシ、キントキ、デンキムシなど、地方によっていろいろな名で呼ばれています。

葉の裏側に大量に生息していることが多く、イラムシという別名のある幼虫は、 ライムのような鮮やかな緑色や薄茶色をしています。 幼虫の体には多くのとげがあり、うっかり手でさわるとハチに刺されたときのような鋭い痛みを感じます。 冬は茶色の線の入った殻の中でサナギになり、春を待ちます。 羽化した成虫は30mm程度で、無毒です。

仲間にナシイラガ、アオイラガ、アカイラガ、ヒメクロイラガなど、多数の害虫があります。

駆除と退治の方法)

駆除には、ピレスロイド系の物質を含有する殺虫スプレー(蚊、ゴキブリ用などいろいろあります)が効果的です。

予防法)

冬、サナギの状態で入っている殻を見つけて、除去します。 殻は、ウズラの卵のような形をしています。

幼虫に知らずにふれると、思わず飛び上がるような激しい痛みがあります。 刺激はかなり強く、場合によっては皮膚に炎症を生じ、痛みは1時間ほど続きます。 かゆみが1週間ほども残ることもあります。

刺されたら、まず患部を流水で洗い、とげが残っていたら粘着テープなどで丁寧に除去します。 そのあと、市販の虫刺されの治療薬などをぬっておくとよいでしょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A