カイガラムシの駆除・退治・予防のための対策

発生したらどうすればいい?予防は?カイガラムシの駆除・退治・予防のための対策です。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

カイガラムシの駆除・退治・予防のための対策

カイガラムシの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

カイガラムシは、果樹や鑑賞樹木を食害する昆虫のうち、貝殻をかぶったような形をしているものの総称です。 葉に白い綿のようなものがついていたり、白いワラジ形の虫を見つけたら、カイガラムシと見てよいでしょう。

ハカマカイガラムシ、カタカイガラムシなどたくさんの種類があり、 中にはワタフキカイガラムシのように殻をかぶらないものもあります。

草食性で、アジサイやカエデなどの樹木、エビネや洋ランなどの温室植物を特に好みます。 季節を問わずに1年中発生し、すす病を併発し、枝枯れを起こすこともあります。

駆除と退治の方法)

体が蝋のような物質で覆われたり、殻をかぶっていたりするため、農薬を散布しても効きにくい害虫です。 完全な駆除は難しく、家庭では、歯ブラシなどでこすり落とすとよいでしょう。 造園業などでは、テントウムシなどの天敵を利用した防除も行われています。

薬剤では、樹木の場合には幼虫が発生する5〜8月、 温室植物の場合には月に2〜3回、スミチオンやカルホス、オルトランを散布します。

予防法)

翅がなく、成虫がどこからか飛んできて産卵するといったことはありません。 脚のないものも多く、ふ化したばかりの幼虫以外は移動も不自由です。 そこで、カイガラムシが発生した植物を持ち込まないよう注意することが、一番の予防策となります。 鉢植えなどを新たに購入したときは、よく点検しましょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A