ケムシの駆除・退治・予防のための対策

発生したらどうすればいい?予防は?ケムシの駆除・退治・予防のための対策です。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

ケムシの駆除・退治・予防のための対策

ケムシの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

ケムシとは、チョウやガの幼虫のうち、毛やトゲが生えているものをいいます。 特に、ガ類の幼虫で毛が多いものを指して使われる場合が多いようです。 ただし、毛が少し生えたイモムシとの明確な区別はできません。

3〜11月、草花、野菜、花木、庭木、果樹などほとんどの植物に発生します。 葉が食害されるため、植物の生育は悪くなります。 庭木などでは、放っておくと丸坊主になるほど食害されることもあります。 草花では、枯れ死にすることもあります。

毒を持つ虫と思われがちですが、実際に有毒なのはごく一部です。 日本産のガでは、ドクガ科、カレハガ科、イラガ科、マダラガ科の一部の幼虫が毒を持っています。

駆除と退治の方法)

ベニカX、ベニカXスプレー、スミチオンスプレー、オルトランCやオルトランSなどの薬剤を散布して駆除します。 ただし、成長につれて薬剤が効きにくくなりますので、早期の散布を心がけるとよいでしょう。 また、野菜類では、パイベニカやパイベニカ乳剤など、天然成分を使用したものが適します。

株が小さく、数が少ない場合は1つ1つ捕殺します。 また、数が多くても、庭木の一部の枝などにだけ群れているようなときには、その部分を切り取ります。

予防法)

早期発見、早期防除が基本です。 ドクガ類もいますので、素手でふれるのは避けた方がよいでしょう。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A