ネコブセンチュウの駆除・退治・予防のための対策

発生したらどうすればいい?予防は?ネコブセンチュウの駆除・退治・予防のための対策です。

ガーデンニング用品、家庭菜園、ベランダ菜園でのあれこれ! ガーデニング.net

ネコブセンチュウの駆除・退治・予防のための対策

ネコブセンチュウの駆除・退治・予防のための対策についてです。

被害の見分け方)

3月〜10月、ホウセンカやベゴニアなどの草花、キュウリやニンジンなどの作物に発生。 「ネマトーダ」とも呼ばれ、根に寄生して、大小多数のコブを作ります。 その結果、植物は生長がはばまれ、花が咲かない、実がならない、枯れるといった被害が出ます。 日中、葉がしおれるようになったら、被害の可能性があります。

土の中にすむ線形動物で、体長は1mm以下。肉眼では見つけることの難しい害虫です。 まして、根に寄生するので、被害に気づくのは、多くは株の植え替えや鉢替え時です。 根につくこぶの大きさはいろいろで、小さいもので直径2〜3mm、大きいものはピンポン玉ほどにもなります。 1本の根に数十個のこぶがつくことも珍しくありません。

駆除と退治の方法)

一度寄生されると植物体の中に入りますから、駆除は困難です。

他の株に広がっていくのを防ぐため、被害株はすぐにぬきとり、 土ごと焼却処分します。また、土の中に卵を生んでいる可能性が高いので、 花壇や菜園などではセンチュウ類専用の薬剤でまわりの土を消毒します。

予防法)

寄生した苗を持ち込むことのないよう注意することが一番の予防策です。 挿し木や定植のときは、バーミキュライトや鹿沼土など、 センチュウ類がいるおそれのない用土を用います。

花壇などでは、根にセンチュウ類の防除効果があるマリーゴールドを根コブが着いた株の近くに植えると、 次の年の防除になります。

値段で選ぶ

ジャンルで選ぶ

野菜の栽培、育て方

花の栽培、育て方

ハーブの栽培、育て方

害虫の駆除、退治のための対策

野菜、花の病害の対策、予防

家庭菜園の基礎

野菜や花を良くする肥料のこと

季節で行う園芸作業

ガーデニング用語

ガーデニングに関するアンケート

ガーデニングに関するQ&A